研究業績


研究論文(査読有)

  • Hiroki Tanaka, Hidemi Iwasaka, Hideki Negoro, Satoshi Nakamura, Analysis of Conversational Listening Skills toward Agent-based Social Skills Training. (under review)
  • Hiroki Tanaka, Hiroki Watanabe, Hayato Maki, Sakti Sakriani, Satoshi Nakamura, Electroencephalogram-Based Single Trial Detection of Language Expectation Violations in Listening to Speech, Frontiers in Computational Neuroscience, 2019. (accepted)
  • Hiroki Watanabe, Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Satoshi Nakamura, Neural Oscillation-based Classification of Japanese Spoken Sentences during Speech Perception, IEICE transactions on Information and Systems, vol.E102-D(2), pp.383-391, Feb. 2019. [open access]
  • Hayato Maki, Sakriani Sakti, Hiroki Tanaka, Satoshi Nakamura, Quality Prediction of Synthesized Speech Based on Tensor Structured EEG Signals, PloS One, vol.13(6), pp.1-13, 2018. [open access]
  • Hiroki Tanaka, Hiroyoshi Adachi, Norimichi Ukita, Manabu Ikeda, Hiroaki Kazui, Takashi Kudo, Satoshi Nakamura, Detecting Dementia through Interactive Computer Avatars, IEEE Journal of Translational Engineering in Health and Medicine, vol.5(1), pp.1-11, Dec. 2017. [open access]
  • Hiroki Tanaka, Hideki Negoro, Hidemi Iwasaka, Satoshi Nakamura, Embodied Conversational Agents for Multimodal Automated Social Skills Training in People with Autism Spectrum Disorders, PloS One, vol.12(8), pp.1-15, Aug. 2017. [open access]
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Tomoki Toda, Hideki Negoro, Hidemi Iwasaka, Satoshi Nakamura, Teaching Social Communication Skills through Human-Agent Interaction, ACM Transactions on Interactive Intelligent Systems, vol.6(2), pp.1-26, 2016. [pdf]
  • Takako Onishi, Hiroki Tanaka, Kumiko Koeda, Yoko Shikibu, Hideki Negoro,  Study on Easy-to-read Notation for Children with Reading Difficulty (Developmental Dyslexia), Chuoh Kyouiku Kenkyusyo, no.17, pp.56-69, Oct. 2016. [in Japanese, title is translated into English]
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Tomoki Toda, Satoshi Nakamura, NOCOA+: Multimodal Computer-Based Training for Social and Communication Skills, IEICE transactions on Information and Systems, vol.E98-D(8), pp.1536-1544, 2015. [pdf]
  • Hiroki Tanaka, Nick Campbell, Classification of Social Laughter in Natural Conversational Speech, Computer Speech & Language, vol.28(1), pp.314-325, 2014. [link]
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Tomoki Toda, Satoshi Nakamura, NOCOA: A Computer-Based Training Tool for Social and Communication Skills That Exploits Non-verbal Behaviors, The Journal of Information and Systems in Education, vol.12(1), pp.19-26, 2014. [pdf]

国際会議論文(査読有)

  • Holy Lovenia, Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Ayu Purwarianti, Satoshi Nakamura, Speech Artifact Removal from EEG Recordings of Spoken Word Production with Tensor Decomposition, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), May 2019. (accepted)
  • Koichiro Yoshino, Yukitoshi Murase, Nurul Lubis, Kyoshiro Sugiyama, Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Shinnosuke Takamichi, Satoshi Nakamura, Spoken Dialogue Robot for Watching Daily Life of Elderly People, International Workshop on Spoken Dialogue Systems Technology (IWSDS), Apr. 2019 (demonstration paper) (accepted)
  • Hiroki Tanaka, Hideki Negoro, Hidemi Iwasaka, Satoshi Nakamura, Listening Skills Assessment through Computer Agents, ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI), pp. 492-496, Oct. 2018. [pdf]
  • Tsuyoki Ujiro, Hiroki Tanaka, Hiroyoshi Adachi, Hiroaki Kazui, Manabu Ikeda, Takashi Kudo, Satoshi Nakamura, Detection of dementia from responses to atypical questions asked by embodied conversational agents, Interspeech, pp. 1691-1695, Sep. 2018.
  • Tsuyoki Ujiro, Hiroki Tanaka, Hiroyoshi Adachi, Hiroaki Kazui, Manabu Ikeda, Takashi Kudo, Satoshi Nakamura, Identifying Dementia Patients based on Behavioral Markers in Human-Avatar Interaction, World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP), Sep. 2018.
  • Hiroki Tanaka, Hiroki Watanabe, Hayato Maki, Sakriani Sakti, Satoshi Nakamura, Single-trial Detection of Semantic Anomalies from EEG during Listening to Spoken Sentences,  International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), pp. 977-980, July 2018. [pdf]
  • Shiori Yamaguchi, Hiroki Tanaka, Hayato Maki, Shigehiko Kanaya, Nobutaka Suzuki, Satoshi Nakamura, Prediction of Depressive Tendency from Multidimensional Health Data Collected through Crowdsourcing, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), July 2018.
  • Koichiro Yoshino, Hiroki Tanaka, Kyoshiro Sugiyama, Makoto Kondo, Satoshi Nakamura, Japanese Dialogue Corpus of Information Navigation and Attentive Listening Annotated with Extended ISO-24617-2 Dialogue Act Tags, Language Resources and Evaluation Conference (LREC), pp. 2922-2927, May 2018.
  • Hayato Maki, Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Satoshi Nakamura, Graph regularized tensor factorization for single-trial EEG analysis, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), pp. 846-850, Apr. 2018.
  • Masahiro Honda, Hiroki Tanaka, Sakti Sakriani, Satoshi Nakamura, Detecting Suppression of Negative Emotion by Time Series Change of Cerebral Blood Flow using fNIRS, IEEE International Conference on Biomedical and Health Informatics (BHI), pp. 398-401, Mar. 2018.
  • Naoto Terasawa, Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Satoshi Nakamura, Tracking Liking State in Brain Activity while Watching Multiple Movies, ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI), pp. 321-325, Nov. 2017.
  • Hiroki Watanabe, Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Satoshi Nakamura, Subject-independent Classification of Japanese Spoken Sentences by Multiple Frequency Bands Phase Pattern of EEG Response during Speech Perception, Interspeech, pp. 2431-2435, Aug. 2017.
  • Naoto Terasawa, Hiroki Tanaka, Sakti Sakriani, Satoshi Nakamura, EEG based Emotional State Tracking during Watching Movie considering Self-Assessment Manikin, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), July 2017.

  • Tamotsu Endo, Norimichi Ukita, Hiroki Tanaka, Norihiro Hagita, Satoshi Nakamura, Hiroyoshi Adachi, Hiroaki Kazui, Manabu Ikeda, Takashi Kudo, Initial Response Time Measurement in Eye Movement for Dementia Screening Test, IAPR Conference on Machine Vision Applications (MVA), pp. 262-265, May 2017.
  • Hiroki Tanaka, Hiroyoshi Adachi, Norimichi Ukita, Takashi Kudo, Satoshi Nakamura, Automatic Detection of Very Early Stage of Dementia through Multimodal Interaction with Computer Avatars, ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI), pp. 261-265, Nov. 2016. [pdf]
  • Rui Hiraoka, Hiroki Tanaka, Sakti Sakriani, Graham Neubig, Satoshi Nakamura, Personalized Unknown Word Detection in Non-native Language Reading using Eye Gaze, ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI), pp. 66-70, Nov. 2016.
  • Hiroki Tanaka, Koichiro Yoshino, Makoto Kondo, Kyoshiro Sugiyama and Satoshi Nakamura, Multimodal Interaction Data between Clinical Psychologists and Students for Attentive Listening Modeling, Oriental Cocosda, pp. 95-98, Oct. 2016. [pdf]
  • Hiroki Tanaka, Hiroyoshi Adachi, Norimichi Ukita, Takashi Kudo, Satoshi Nakamura,
    Automatic Detection of Very Early Stage of Dementia through Spoken Dialog with Computer Avatars, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), Aug. 2016. [pdf]
  • Rui Hiraoka, Hiroki Tanaka, Sakti Sakriani, Koichiro Yoshino, Graham Neubig, Satoshi Nakamura, Eye Gaze-based Unknown Word Detection in Non-native Language Reading using SVMs and Random Forests, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), Aug. 2016. 
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Hideki Negoro, Hidemi Iwasaka, Satoshi Nakamura, Automated Social Skills Training with Audiovisual Information, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), pp. 2262-2265, Aug. 2016. [pdf]
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Tomoki Toda, Hideki Negoro, Hidemi Iwasaka, Satoshi Nakamura, Automated Social Skills Trainer, International Conference on Intelligent User Interfaces (IUI), pp. 17-27, Atlanta, Mar. 2015. [pdf]
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Tomoki Toda, and Satoshi Nakamura, Linguistic and Acoustic Features for Automatic Identification of Autism Spectrum Disorders in Children's Narrative, ACL Workshop on Computational Linguistics and Clinical Psychology (CLPsych), pp. 88-96, June 2014. [pdf]
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Tomoki Toda, and Satoshi Nakamura, Modality and Contextual Differences in Computer Based Non-verbal Communication Training, IEEE Cognitive InfoCommunication (CogInfoCom), pp. 127-132, Dec. 2013.
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Tomoki Toda, and Satoshi Nakamura, Non-verbal Communication Training with an Interactive Multimedia Application, Asian Conference on Education, pp. 392-402, Oct. 2013.
  • Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Graham Neubig, Tomoki Toda, Nick Campbell and Satoshi Nakamura, Non-verbal Cognitive Skills and Autistic Conditions: An Analysis and Training Tool, IEEE Cognitive InfoCommunication (CogInfoCom), pp. 41-46, Dec. 2012. [pdf]
  • Hiroki Tanaka, Hideki Kashioka, and Nick Campbell, Laughter as a gesture accompanying speech - towards the creation of a tool for the support of children on the autistic dimension, Gesture and Speech in Interaction (GESPIN), pp. 1-6, Sep. 2011. [pdf]
  • Hiroki Tanaka, and Nick Campbell, Acoustic features of four types of laughter in natural conversational speech, International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS), pp. 1958-1961, Aug. 2011. [link]
  • Hiroki Tanaka, Hideki Kashioka, and Nick Campbell, Analysis of Laughter for Autistic Children, COST International Meeting, Feb. 2011.


解説・紹介

  • 田中 宏季,Automated Social Skills Training through Affective Computing,情報処理学会研究会推薦博士論文, Aug. 2015.

研究会報告(査読無)

  • 宇城 毅犠, 田中 宏季, 足立 浩祥, 數井 裕光, 池田 学, 工藤 喬, 中村 哲, エージェントによる非定型質問への応答からの認知症検出, 情報処理学会研究報告,vol.2018-ASD-11(4), pp. 1-4, Mar. 2018.
  • 真木 勇人, 田中 宏季, Sakriani Sakti, 中村 哲, 電極配置のグラフ構造を利用したテンソル分解による単一試行EEG解析, 電子情報通信学会技術研究報告, 2018-3-MBE, pp. 35-39, Mar. 2018.
  • 真木 勇人, Sakriani Sakti, 田中 宏季, 中村 哲, EEGを用いた合成音声に対する体感品質予想, 電子情報通信学会技術研究報告, 2018-3-MBE, pp. 113-118, Mar. 2018.
  • 田中 宏季, 渡部 宏樹, 真木 勇人, Sakriani Sakti, 中村 哲, 音声文聴取時における意味違反が生じた際の脳波自動判別, 電子情報通信学会技術研究報告, 2017-12-HIP, pp.5-8, Dec. 2017.
  • 本田 将大, 田中 宏季, Sakriani Sakti, 中村 哲, fNIRSを用いた脳血流の時系列変化による負の感情抑圧の検出, 電子情報通信学会技術研究報告, 2017-09-MBE, pp.5-10, Sep. 2017.
  • 寺澤 直人, 田中 宏季, Sakriani Sakti, 中村 哲, EEG計測による脳活動に基づいた映像視聴時の感情状態の追従, 電子情報通信学会技術研究報告, vol.116, pp.5-8, Mar. 2017.
  • 渡部 宏樹,田中 宏季,サクティ サクリアニ,中村 哲,音声知覚時における脳神経活動の位相パターンとSVMに基づく日本語音声刺激の識別 , 電子情報通信学会技術研究報告, MBE2016-71, pp.9-14, Jan. 2017.
  • 田中 宏季,根來 秀樹,岩坂 英巳,中村 哲,自閉スペクトラム症による自動ソーシャルスキルトレーナの訓練効果, 電子情報通信学会技術研究報告, WIT2016-52, pp.39-44, Dec. 2016. [HC 賞]
  • 杉山 享志朗,水上 雅博,吉野 幸一郎,田中 宏季,鈴木 優,中村 哲,対話履歴との矛盾を考慮した発話選択, 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会, Oct. 2016.
  • 平岡 類,田中 宏季,Sakriani Sakti,Graham Neubig,中村 哲,注視特徴を用いた非母語読解時の未知語検出における品詞タグの使用と個人適応の検討,電子情報通信学会技術研究報告, vol.116(229), HIP2016-48, pp.29-34, Sep. 2016.
  • 田中 宏季,足立 浩祥,浮田 宗伯,池田 学,數井 裕光,工藤 喬,中村 哲.アバターとの対話によ るマルチモーダル情報を伴った早期認知症の検出.情報処理学会研究報告,vol.2016-ASD-5(14), Aug. 2016. [pdf]
  • 平岡 類,田中 宏季,Sakriani Sakti,吉野 幸一郎,Graham Neubig,中村 哲.注視特徴を用いたSVMによる非母語読解時の未知語検出.電子情報通信学会技術研究報告,vol. 116(32), HIP2016-27, pp.213-218, May. 2016.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,根來 秀樹,岩坂 英巳,中村 哲,マルチモーダル情報を伴った自動対話訓練システム,電子情報通信学会技術研究報 告,SP2015-67,pp.45-50, Oct. 2015.
  • グラム ニュービッグ,田中 宏季,自動ソーシャルスキルトレーナ,東京大学 当事者の語りに関する学際的研究についての意見交換会,Apr. 2015.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,根來秀樹,岩坂英巳,中村 哲, ソーシャルスキルトレーニングの自動化, 電子情報通信学会技術研究報告, ET2014-61, pp.1-6, Nov. 2014. [研究奨励賞]
  • 田中 宏季,自閉症スペクトラム児と定型発達児のナレーティブ発話分析,SIG-SLPシンポジウム ショート発表,Jan. 2014.
  • 中村 哲, 田中 宏季, 非言語情報読み取りスキルを用いた自閉症スペクトラム指数の測定, 発達障害支援研究会, Oct. 2013.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,中村 哲, 非言語情報読み取りスキルを用いた自閉症スペクトラム指数の測定,電子情報通信学会技術研究報告,IMQ2012-34 & IMQ2012-91,pp.223-226, Mar. 2013.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,中村 哲.非言語認知スキルからの自閉症スペクトラム指数の自動測定.教育システム情報学会研究報告,vol. 27(4), pp.44-46, Nov. 2012. 
  • 田中 宏季,豊川 弘樹,藤田 朋希,Sakriani Sakti, 戸田 智基,ニック キャンベル,中村 哲,自閉症児のためのノンバーバル情報学習,表出支援iPadアプリケーションの開発,関西合同音声ゼミ,Dec. 2011.
  • 田中 宏季,柏岡 秀樹,ニック キャンベル,自閉症児支援に向けた笑い声のアノテーション結果分析,電子情報通信学会技術研究報告,SP2011-60 & WIT2011-42,Oct. 2011.


全国大会(一部査読有)

  • 田中 宏季, 岩坂 英巳, 根來 秀樹,  中村 哲, 社会的コミュニケーション支援を目指したソーシャルスキルトレーニングの自動化, 言語処理学会第25回年次大会, pp.1213-1216, Mar. 2019.
  • 宇城 毅犠, 田中 宏季, 足立 浩祥, 數井 裕光, 池田 学, 工藤 喬, 中村 哲, コンピュータエージェントによる質問への応答からの認知症の自動検出, 言語処理学会第25回年次大会, pp.186-189, Mar. 2019.
  • 中村 哲, 吉野 幸一郎, 田中 宏季, Sakti Sakriani, 高齢者見守りのための生活支援対話システムの研究開発, ICTイノベーションフォーラム2018, Oct. 2018.

  • 田中 宏季, 根來 秀樹,  岩坂 英巳, 中村 哲, 「話を伝える」および「話を聞く」スキル訓練を目指した自動SSTの試み, 第59回日本児童青年精神医学会総会, Oct. 2018.
  • 中村 哲, 吉野 幸一郎, 田中 宏季, Sakti Sakriani, 高齢者見守りのための生活支援対話システムの研究開発, 関西ICTイノベーションプロジェクト2018, July 2018.
  • Haruko Yagura, Hiroki Tanaka, Satoshi Nakamura, EEG-based emotion recognition from speech during paying attention to prosodic information, The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, July 2017.
  • Hiroki Watanabe, Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Satoshi Nakamura, Sentence classification based on phase patterns in EEG neural oscillation during imagined speech, The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, July 2017.
  • 山口 栞, 田中 宏季, 真木 勇人, 金谷 重彦, 鈴木 信孝, 中村 晢, 生活習慣や体質のデータを用いたうつ傾向の予測, 人工知能学会全国大会, June 2017.
  • 田中 宏季, 寺澤 直人, 本田 将大, 真木 勇人, サクリアニ サクティ, 中村 哲, 生体信号からの感情コンピューティングと自閉症支援, 第13回日本感性工学会春季大会, Mar. 2018.
  • サクリアニ サクティ, 田中 宏季, 吉野 幸一郎, 中村 哲, 社会的感情コミュニケーションの研究: 認識, 翻訳, 喚起, 第13回日本感性工学会春季大会, Mar. 2018.
  • 田中 宏季, 足立 浩祥, 浮田 宗伯, 池田 学, 數井 裕光, 工藤 喬, 中村 哲, 多元的特徴を用いたアバターシステムによる早期認知症検出モデルの構築, 日本認知症学会学術集会, Nov. 2017.
  • 古山 寛治, 澤井 創, 宮崎 義博, 田中 宏季, 岩坂 英巳, 成人発達障害就労準備プログラムの取り組みについて, 日本児童青年精神医学会総会, Oct. 2017.
  • Hiroki Watanabe, Hiroki Tanaka, Sakriani Sakti, Satoshi Nakamura, Subject-independent consistency of EEG phase patterns during auditory perception of Japanese spoken sentences, The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, July 2017.
  • 田中 宏季, 根來 秀樹, 岩坂 英巳, 中村 哲, 自閉スペクトラム症者支援に向けた自動ソーシャルスキルトレーニング手法, 人工知能学会全国大会, May 2017.
  • 平岡 類, 田中 宏季, サクティ サクリアニ, 中村 哲, 視線情報からの未知語検出における個人適応と 単語親密度の影響の調査, 人工知能学会全国大会, May 2017.
  • 大西 貴子,田中 宏季,小枝 久美子,式部陽子,根來 秀樹,文字間隔と字体の操作が発達性ディスレクシア児の読字に及ぼす影響,日本児童青年精神医学会総会,Oct. 2016.
  • 杉山 享志朗,吉野 幸一郎,田中 宏季,近藤 真人,ニュービッグ グラム,中村 哲,傾聴対話コーパスの作成と知識獲得行為の分析,人工知能学会全国大会,Jun. 2016.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ, 根來 秀樹,岩坂 英巳,中村 哲,マルチモーダル情報の提示を含んだ自動ソーシャルスキルトレーニングの訓練効果,日本音響学会春季研究発表会,pp.253-254, Mar. 2016.
  • 高山 怜也,田中 宏季,Graham Neubig,吉野 幸一郎,Sakriani Sakti,中村 哲,ソー シャルメディアにおける語彙の豊富さと統合失調症の関係に関する考察,言語処理学会年次大会, pp.393-396,Mar. 2016.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,根來 秀樹,岩坂 英巳,中村 哲,マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発,SST普及協会学術集会,pp.61, Nov. 2015. [ベストプレゼンテーション賞]
  • 蓑田 由花里,田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,中村 哲,NIRSを用いた脳活動計測による認知トレーニングの客観的評価,電子情報通信学会全国大会,pp. 208,Mar. 2015.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,中村 哲,自閉症スペクトラム児と保護者間のインタラクション分析,人工知能学会全国大会,May. 2014.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,中村 哲,物語発話からの自閉症スペクトラム障害児と定型発達児の語彙と韻律の特性分析,日本音響学会春期研究発表会,  pp.1487-1490, Mar. 2014.
  • 田中 宏季,サクリアニ サクティ,グラム ニュービッグ,戸田 智基,中村 哲,Computer-Based Trainingによる非言語コミュニケーションスキルの改善に関する検討,人工知能学会全国大会,Jun. 2013.
  • 田中 宏季,豊川 弘樹,ニック キャンベル,自閉症児のためのノンバーバル情報支援アプリケーションの開発,日本音響学会春季研究発表会,Mar. 2012.
  • 田中 宏季,柏岡 秀樹,ニック キャンベル,自閉症児支援に向けた自然対話音声の笑いの種類分析,日本音響学会秋季研究発表会,Sep. 2011.
  • 田中 宏季,柏岡 秀樹,ニック キャンベル,自閉症児支援のための笑い分析,日本音響学会春期研究発表会, Mar. 2011.


招待講演

  • 田中 宏季, 認知に着目したコミュニケーション支援技術, 電子情報通信学会HCG第3種研究会ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会, Oct. 2018.
  • 中村 哲,田中 宏季,知能コミュニケーション研究の医療情報への応用, 名古屋市⽴⼤学 医・薬・⼯連携フォーラム, Apr. 2017.
  • 田中 宏季 自閉スペクトラム症のコミュニケーションデータ収録, 電子情報通信学会 発達障害支援研究会, Oct. 2016.
  • 田中 宏季, 感情コンピューティングによるソーシャルスキルトレーニングの自動化, 電子情報通信学会 発達障害支援研究会, Mar. 2015. 
  • Hiroki Tanaka, Linguistic and Acoustic Features for Automatic Identification of Autism Spectrum Disorders in Children's Narrative, Rakuten ECNLP, Jun. 2014.
  • 田中 宏季, コンピュータを用いた自閉症児支援, JSPACC 手をつなぐ親の会定例会, Nov. 2013.
  • 田中 宏季, ICTを用いた教材活用のネットワーク構築, 奈良教育大学 特別支援教育セミナー, Aug. 2013.
  • 田中 宏季,Computer-Based Trainingによる非言語コミュニケーションスキル改善に関する検討, 立命館大学 発達障害研究会, Feb. 2013.


デモ

  • 田中 宏季, 自動ソーシャルスキルトレーナ, ハートランドしぎさん 発達障害地域連携懇話会, June 2016.


特許

  • 認知症検出システム,P2016-12J


報道発表

  • 奈良先端科学技術大学院大学, 広報誌せんたん, 2019年1月号
  • DIGITALIST (2019.1.8)
  • 朝日新聞 (2018.11.6付朝刊)
  • 認知症ねっと (2018.10.23)
  • フォーブスジャパン (2018.9.29)
  • QLifePro (2018.9.12)
  • NHKテレビ,ならナビ (2015.3.17)
  • NHKテレビ,関西845 (2015.3.17)
  • NHKテレビ,おはよう関西 (2015.3.18)
  • 日刊工業新聞 (2015.4.7付朝刊)


学位論文

  • Hiroki Tanaka, Automated Social Skills Training through Affective Computing, Doctoral thesis, Nara Institute of Science and Technology, 2015. 
  • Hiroki Tanaka, A Method for Supporting Children with Autism Spectrum Disorders using Paralinguistic Information, Master's thesis, Nara Institute of Science and Technology, 2012.
  • 田中 宏季, ディジタル信号処理による特定音源情報削減方法に関する研究, 特別研究 旭川工業高等専門学校 生産システム工学専攻, 2010.


研究助成

  • 研究代表者, 文部科学省 学術研究助成基金助成金 基盤研究 (C), 発達障害児のコミュニケーション訓練対話システムの研究,  4,290千円 (2018-2020).
  • 研究代表者, SCAT研究費助成, ソーシャルスキルトレーニングに基づく会話訓練システムの研究, 2,500千円 (2018-2020).
  • 研究分担者, 文部科学省 学術研究助成基金助成金 基盤研究 (S), 次世代音声翻訳の研究, 204,230千円 (2017-2021).
  • 研究代表者, 文部科学省 学術研究助成基金助成金 若手研究 (B), 発達障害者のためのコミュニケーションスキル訓練技術の研究, 3,900千円 (2016-2017).
  • 研究分担者, 文部科学省 学術研究助成基金助成金 基盤研究 (C), 専門プログラムを用いた発達障害児支援者養成システム作りに関する研究, 4,550千円 (2016-2018).
  • 研究分担者, 総務省戦略的情報通信研究開発推進事業 (SCOPE) 地域ICT振興型研究開発, 高齢者見守りのための生活 支援対話システムの研究開発, 29,900千円 (2015-2017).
  • 研究分担者, 文部科学省 学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽研究, 自閉症等コミュニケーション障害の多元測定と統計モデルによる測定・支援の研究, 3,640千円 (2014-2016).
  • 研究代表者, (公財) 奈良先端科学技術大学院大学支援財団支援事業 教育研究活動支援 (教育研究活動助成), 言語・非言語情報を用いた自閉症スペクトラム障害の自動測定・支援技術の研究, 800千円 (2014).
  • 研究協力者, 文部科学省 学術研究助成基金助成金 基盤研究 (B), ICT教材を用いた支援者養成による発達障害児支援プログラムの開発と実践, 17,810千円 (2012-2016).
  • 研究代表者, Creative and International Competitiveness Project (CICP), 自閉症児のための 3Gを含んだ意図理解・表出支援iPadアプリケーションの開発, 700千円 (2012).